ニキビが出来にくくなる食べ物って?

ニキビに良くない食べものって何?

 

ふつうの人はまずは「脂っぽいもの」だと思っていますよね。

 

例えばから揚げとかとんかつ。

また食事以外では生クリームタップリのケーキやチョコレート。

それからポテトチップスなんかもニキビの出きやすい人は断っていたりしますよね。

 

もちろんこれらの食べ物がニキビにとって影響があるのは間違いありません。

 

でも実際には、脂に関係なく良くない食品もとても多いんです。

 

先ほど例に上げたチョコレートは、脂肪分が良くないのと同じくらい「刺激物である面」の作用が強く出るなんて知ってましたか?

 

刺激の強い食べモノはニキビ肌にはあまり良くないんですよね。

 

出来やすい人は、唐辛子の多用されているエスニック料理とかも、毎食続けて食べたりするのは避けた方がいいみたい。

 

だからと言って辛い食べ物を日常的に摂っているインド料理や東南アジアンの人に大人ニキビが多いのか?というとそんな印象はないですよね?

 

辛い料理の多いお隣の韓国などは、むしろうらやましいくらいのお肌スベスベ。

 

辛いだけでなく、焼き肉ではサムギョップルや骨付き牛カルビのように脂肪分もずいぶん摂取してそうなのになぜ?

 

オイリーな食材にもかかわらずお肌の健康状態が良いのは、やはりバランスの良い食事内容だからなのでしょう。

 

焼肉料理といっても必ずサンチュのような葉っぱで巻いたり、タップリ食べるキムチも生野菜です。

 

しかも発酵食品でもあるので腸内環境を整える乳酸菌も豊富に含まれています。

 

このような視点で考えると、アジアンフードは意外にどこの国でも野菜がふんだんに付け合わされている事に気がつくと思います。

 

ビタミンやミネラルといった栄養素だけでなく食物繊維やさらには最近注目のフィトケミカルなどが手軽に摂取可能な食品なのが野菜類なのです。

 

トマトのカロテンは美肌効果にもってこいですし、お肌のコラーゲン生成にはビタミンCが不可欠です。

 

忙しさにかまけてコンビニのおにぎりだけの様な食生活を続けていてはニキビが減るはずもありません。

 

大人ニキビの原因は一つだけではなく、内臓障害やホルモンバランスなども要因になり得ますが、じつは日常的な食生活の影響も大きく関係しているのです。

 

脂っこいものや甘いもの、刺激性の強い食品摂取を控えるのがもちろん基本。

 

それにプラスして、ビタミンB2やB6などの肌の炎症を抑える効果の期待できる栄養素を積極的に摂ることもお肌の早期回復に繋がりますよ。