大人ニキビは皮膚科で治るとは限らない?

大人ニキビがあまりに治らない場合、出来てしまっているニキビに対して、直接アプローチしても効果が得にくい事はありがちです。

洗顔や化粧水などのスキンケアではどうにも改善が見込めないとなると、次なる手段は病院に行くことですよね?
ここで、通常であれば皮膚科での診療を受けるのが一般的。

お医者さんがあなたのニキビの症状によって保険が適用される範囲での抗生剤やホルモン剤、ビタミン剤、漢方薬、抗炎症クリームなどを処方してくれるでしょう。

 
また診断によっては、今後の治療計画を立ててくれたり、場合によってはいくつかの処置を組み合わせるなど、患者さんの程度に合わせて長期的な提案もあるかもしれません。

 
大人ニキビでも症状が軽度であれば、ビタミン剤や漢方、ビタミンB群の飲み薬と塗り薬の処方がふつうです。

もし、面皰が突出していたり、炎症で膿がたまっているようならば圧出して取り除く、といった処置もよく行われています。

 

おできのように化膿してしこりを伴う重症な大人ニキビの場合は、切開して抗生剤を処方するケースも。

こうなるとニキビと言えども侮れませんね。

また、そのようなにきび治療が効果を奏さないようであれば、ホルモンバランスに問題がある人もいるようです。

男性ホルモンや男性ホルモンに似た働きをするタイプの種類の分泌が過剰になり過ぎていると言う場合も大人ニキビはいつになっても治りません。

自分がこのタイプかも?と勝手に決めつけるのはおすすめしませんが、行きつけの婦人科などがあるようでしたら相談してみるのも一つの手です。

 

結局のところ、大人ニキビはカラダの不調が肌荒れを引き起こして形成されてしまうパターンがほとんどです。

 

塗り薬や飲み薬に頼るよりも、規則正しい食生活と質の良い睡眠を心がける方が、美肌への近道になりますよ。