ニキビ跡を消すのに美白化粧品は有効?

ニキビで困るのは炎症して膿を持ち痛い事はもちろんですが、顔にできるパターンが多いので見た目にマイナスイメージに働くのが最大のデメリットとも言えるでしょう。

 

しかも、ニキビが酷くなってしまった場合には、症状が引いてもその跡が残ってしまうケースも多いです。

 

学生時代にポツポツよく出て来ていた思春期のニキビも、治ったあとが赤みを持ってしまったりした時もありました。

 

でも、大人ニキビの場合だと、赤みがいつまでも消えないだけでなく、でこぼこのクレーターのような痕になったり、色素沈着してしまう事もしばしばです。

 

以前にも書きましたが、にきびそのものは皮膚科に行けば、健康保険での治療がききます。

 

ところがにきびが治ったあとに残ってしまった跡は病気の症状とは見なしてもらえません。

 

ずっと赤いままだろうが、黒っぽい色素沈着だろうが、単なる「シミ」扱い。

 

どうしても皮膚科で消したいという事であれば、レーザー治療を自由診療で受けるしか方法はありません。

 

おそらく一般的にニキビ跡を消すのに、毎回何万円も費用をかけられる方は少ないでしょう。

 

となれば、やはり頼るべきは化粧品と言うことになります。

 

大人ニキビの跡がなかなか消えないのは、思春期の頃に比べると明らかにターンオーバーのサイクルが長くなっているのも要因の一つです。

 

まずは、新しい皮膚細胞をどんどん生み出していく手助けをしてくれるタイプの化粧品を選ぶようにしてみましょう。

 

つぎに、色素沈着してシミになっているニキビ跡の場合なら美白用のコスメも有効です。

 

ニキビの炎症と言う刺激に対して、肌細胞の防御システムがメラニンを増やしてしまったのがシミの原因。

 

ですからメラニンを排出させる効果の高い美容液や、ビタミンC配合の化粧水などを使うのもオススメです。

 

できてしまったニキビを治す事よりも、跡を消す方が何倍も大変です。

 

万が一できてしまっても、大きく膿んでしまわないように早い段階で治せるように気をつけましょう。

参考サイト:大人ニキビ治し方

 

腸内環境を整えれば肌荒れは治まる?

便秘になると吹き出物が増える。

 

これは誰でもが経験している肌トラブルの一つだと思います。

 

腸内環境が悪化すると、身体にとって不要な成分までもが血中に取り込まれてしまい、その排出代わりに吹き出物となって皮膚にあらわれてくるのです。

 

生理前や生理中に便秘になる方も多いので、まさにニキビ肌の方には最悪の1週間と言えそうですね。

 

はたまた、睡眠不足が続いたり、環境の変化や仕事のストレスなどからもニキビは増えていく事も起こりがち。

いくらお肌の表面上を丁寧にスキンケアしていたとしても、結局のところ、不摂生には勝てないと言うところでしょうか。

 

現代社会は規則正しい食生活も、十分な睡眠時間も確保するのが難しい状況です。

 

だからと言って、その生活パターンを継続し続けている間は、大人ニキビとの縁を切る事は不可能に近いと考えるべきでしょう。

 

もちろん、お肌のきれいな人は元々生まれつきそういう肌質、そういう体質であるのかもしれません。

 

ただ、思春期のニキビに比較した場合、大人ニキビができる原因の多くは生活習慣の乱れの影響を受けているケースが多いのです。

 

皮膚に対して外側からアプローチする薬や化粧品にだけ頼るのではなく、内側からも身体に良いものをどんどん取り入れるようにしていく必要をぜひとも再認識して下さい。

 

大人ニキビに限らず、美肌にとって欠かせないのはやはりビタミン類の存在です。

 

ビタミンCはいくら摂取しても、とり過ぎという事にはなりませんので、朝のスムージーなどで積極的に生活習慣の一部に定着させてみるのも一つの方法です。

 

生のフルーツに含まれる酵素や食物繊維は、腸内環境にとっても良い効果をもたらしてくれる重要成分。

 

アトピーなどのアレルギーも腸内環境を整える事で軽減されてくる患者さんが多い事もいまでは研究がかなり進んでいます。

 

ヨーグルトの乳酸菌を食べる事で、回り回ってニキビが落ち着くなら試してみる価値もありますよね。