カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

ニキビ跡を消すのに美白化粧品は有効?

ニキビで困るのは炎症して膿を持ち痛い事はもちろんですが、顔にできるパターンが多いので見た目にマイナスイメージに働くのが最大のデメリットとも言えるでしょう。

 

しかも、ニキビが酷くなってしまった場合には、症状が引いてもその跡が残ってしまうケースも多いです。

 

学生時代にポツポツよく出て来ていた思春期のニキビも、治ったあとが赤みを持ってしまったりした時もありました。

 

でも、大人ニキビの場合だと、赤みがいつまでも消えないだけでなく、でこぼこのクレーターのような痕になったり、色素沈着してしまう事もしばしばです。

 

以前にも書きましたが、にきびそのものは皮膚科に行けば、健康保険での治療がききます。

 

ところがにきびが治ったあとに残ってしまった跡は病気の症状とは見なしてもらえません。

 

ずっと赤いままだろうが、黒っぽい色素沈着だろうが、単なる「シミ」扱い。

 

どうしても皮膚科で消したいという事であれば、レーザー治療を自由診療で受けるしか方法はありません。

 

おそらく一般的にニキビ跡を消すのに、毎回何万円も費用をかけられる方は少ないでしょう。

 

となれば、やはり頼るべきは化粧品と言うことになります。

 

大人ニキビの跡がなかなか消えないのは、思春期の頃に比べると明らかにターンオーバーのサイクルが長くなっているのも要因の一つです。

 

まずは、新しい皮膚細胞をどんどん生み出していく手助けをしてくれるタイプの化粧品を選ぶようにしてみましょう。

 

つぎに、色素沈着してシミになっているニキビ跡の場合なら美白用のコスメも有効です。

 

ニキビの炎症と言う刺激に対して、肌細胞の防御システムがメラニンを増やしてしまったのがシミの原因。

 

ですからメラニンを排出させる効果の高い美容液や、ビタミンC配合の化粧水などを使うのもオススメです。

 

できてしまったニキビを治す事よりも、跡を消す方が何倍も大変です。

 

万が一できてしまっても、大きく膿んでしまわないように早い段階で治せるように気をつけましょう。

参考サイト:大人ニキビ治し方

 

大人ニキビの対処法と有効な治療って?

大人ニキビは思春期を過ぎた20代以降にあらわれる吹き出物を指しています。

間違ったスキンケアや肌に合わない化粧品なども原因になりますが、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、内面的に要因を抱えているケースがしばしばです。

 
思春期のニキビに比べて大人ニキビができる原因はかなり複雑。

 
自分のライフスタイルを冷静に振り返ってみることで、その対処方法も見つかっていくでしょう。

 
大人ニキビの原因は一つだけではありません。
中でも仕事や人間関係でのストレスから来るホルモンバランスの乱れは有名ですが、その他にも食生活の影響は大きく関係しています。

 
脂っこいものや甘いもの、刺激の強いものは控えることが大切で、肌の炎症を抑えるビタミンB²やB⁶などの美肌効果の高い栄養素を積極的に摂ることでも治りのスピードが早くなります。

 
また血液中び老廃物が多くなりその粘度が増すことでも皮膚の栄養状態や抵抗力が低下し、大人ニキビができやすくなると言われているようです。

血液の粘度を抑えサラサラ状態をキープするため、しっかり水分補給することも対処の一つになり得ます。

 
大人ニキビはできる場所によっても原因が異なってきます。

 
思春期ニキビはTゾーンを中心に皮脂の分泌が盛んなところが出来やすい傾向にありますが、大人ニキビの場合は顔の下半分に顕著なようです。

 
口の周りに出るようであれば、ビタミン不足や胃腸の状態が良くないために起きているのかもしれません。

 
また、アゴや首にかけてに出るケースはホルモンの乱れによる場合が多いです。

 
この部位は男性であればひげが生えている部分と一致するのが分かるように、男性ホルモンの分泌が過剰になっている可能性が考えられます。

女性であっても強いストレスにさらされていると、身体の方では防護反応として男性ホルモンの分泌が優位になって来るという研究発表もあると聞きます。

 
結果その部分では皮脂が増えて、元々小さい毛穴がすぐに詰まりニキビが形成、炎症を起こすのです。

 
大人ニキビができてしまった場合に効果的と言われているのがアクチウムという薬です。

 
これは1日2回塗ることで患部を殺菌でき、炎症を抑えることが可能なのですが、皮膚科で処方される薬ですので、一般的に購入したいのであればプロアクティブ、アクポレスなどを選ぶことになると思います。

 

大人ニキビの治すのには外側からの治療に頼るのではなく、忙しい毎日でも出来るだけリラックスする時間を取り、質の高い睡眠を得るように工夫してみて下さいね。

皮脂や常在菌と上手く付き合う

毎晩のお手入れの前に行う洗顔で、メイクや汚れを落とす事はもちろん大切なことです。

 

いわゆる不要になった角質を減らせるようにきっちりとクレンジングするのが必要不可欠なことですが、老廃物だけでなく補給し続けるべき皮脂までも根こそぎ洗い流していませんか?

 

これは乾燥を引を起こす原因なだけでなく、オイリードライのスキンタイプの引き金にもなっているのです。

 

なぜなら、全く油分のなくなってしまた皮膚はその肌状態を「皮脂不足」と判断するために、さらに分泌を増やしてしまうから。

 

そして水分が蒸発して皮脂バランスが崩れていくと、肌の上には脂だけが取り残されるので乾燥していてもオイリー肌という最悪なパターンに落ち入ってしまうのです。

 

またアクネ菌がニキビの元と思い、殺菌力のありすぎるコスメをつけている人もスキンケアを見直してみるといいかもしれません。

 

アクネ菌などの常在菌は誰の肌にも存在して、肌の状態を健康に保つ役割も担っているのです。

 

それに皮膚に刺激なるような洗顔では、皮膚が硬化することでくすみを作るきっかけになることもよくあります。

 

タオルドライで顔の水分を取る時にゴシゴシこするように拭くのはNGと分かっていても、ついやりがち。

でもとにかく顔に対してタオルを上から押さえるような感覚であてれば水気は問題なく吸わせることができるはずです。

 

また血液の流れを良くしてあげるのもお肌の乾きを防御可能にしていく効果があります。

 

血行が良くなれば皮膚に対して血液を多く運ぶ栄養物質も増加し、冬に向けて乾燥肌を防ぐのには効果てきめんです。

 

ひいては肌のターンオーバーも正常になりますから肌荒れも次第におさまっていくでしょう。

 

肌トラブル解消には、スキンケアに頼るだけでなく生活習慣の改善が不可欠です。

 

美肌のキーポイントとなるセラミドをしっかり補給して肌に水分を与え、肌を保護する作用を増すことに加え、深夜まで起きているような生活は改め、内側から新陳代謝を活発にさせられるよう心がけましょう。

 

 

ニキビを治す事より作らないこと

大人ニキビはどういうわけか同じ場所に何度もできてしまいますね?

 

せっかく炎症もおさまって、赤みが引いて来たと喜んでいるのもつかの間。

 

ふと気がつくと、また次のニキビができかけている・・・

 

なーんていう経験は肌トラブルのあるあるではないでしょうか?

 

ニキビが繰り返し出来ては治そうとがんばってスキンケアをするよりも大事なのは次を作らないようにすること。

 

忘れないで欲しいのは、敏感肌傾向の方は顔の皮膚がデリケートなので洗顔料の流しがしっかりできていないと、健康な肌状態の人と比べ肌へのダメージを受け入れやすいという事実。

 

お肌の乾燥はダメージへの第一歩である事を認識しているようにしなければなりません。

 

仕事やお付き合いでクタクタになって帰宅すると、メイクも流さずに知らないうちに眠ってしまう状況は、誰にでもありますよね。

 

スキンケアではクレンジングはたしかに重要ポイントです。

 

でも、逆に、とにかく落とせばいいと言うものでもないのです。

 

合成界面活性剤を含有しているタイプの定番のオイルクレンジングは添加物の多い商品もおおく、肌の負荷までも浸透しやすい傾向にあります。

 

それを毎晩続けていれば顔にある皮膚の大事な水分まで知らないうちに取り除かれてしまうのも当然。

 

ぷるぷる肌を目指しているつもりでも、実際にはどんどん毛穴は黒ずみ、ハリが失われて悲しい気持ちになるでしょう。

次第に毛穴も拡がり、現実的には見た目は悪くなる一方です。

 

敏感肌を修復するためには保湿が欠かせません。

 

皮膚の上に正しい皮脂バランスで油分が存在している方が、肌の状態としては健康なのです。

 

天然の保護膜である皮脂が適量であれば、キメも元通りに整い老廃物の角質もきちんと排出されるようになっていきますよ。

 

 

大人ニキビができているときのスキンケア

大人ニキビが出来てしまうと、自分の肌がオイリーで汚れているのが原因だからと思ってませんか?
そのためメイクが落ちきっていないせいだと強いクレンジングを使ってみたり、そのあとさらに熱いお湯で洗顔したりして。
とにかくお肌の上から皮脂を取り除きたい一心で、マイナスしていく事ばかりに一生懸命。
でも本当はこういうお手入れがさらに大人ニキビを悪化させてるんですよね。

中学生くらいのときのニキビは皮脂の分泌が盛んなためにできてしまうのがほとんどの原因。

でも大人ニキビはいろんな理由でできてくるので、皮脂だけを取り除くと言う考え方は無意味です。

それよりももっと、お肌のターンオーバーを促してあげるようなスキンケアを行っていかないといつになっても治ることはないでしょう。

 

大人ニキビには「脱脂」よりも「保湿」なんです。
これを忘れないよう毎晩のメイク落しや洗顔料を見直してみて下さい。

 

化粧水やその後の乳液・クリームもベタつかない程度に塗った方が、治りが早い事も多いです。
大敵なのは乾燥。

刺激に対して肌が過敏になるのは、皮膚表面に出る皮脂が少なく、防護膜のない状態が形成されてしまったためです。

乾燥肌ではお肌の奥の方にまで刺激が伝わりやすいので真皮にダメージを受けてしまいます。

一般的に言う乾燥肌から敏感肌になりやすく、ほんの少しの刺激にも過敏に反応が生じることもあります。

こうなると大人ニキビだけでなくさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまう結果に。

洗顔そのものが顔の水分を奪いすぎないように注意することも必要ではありますが、不必要な角質を残しておかないこともまた美肌への近道になる場合も・・・
かなり矛盾を感じるかもですが、美肌を維持するためには角質を剥いて、新しい皮膚を出していくと言うピーリングも選択肢の一つです。
実際に皮膚科などではにきび治療にケミカルピーリングを処置する医師もいたりしますね。
皮膚科の先生はお肌の状態を見ながら、薬剤を変えて施術するので心配はありませんが、自分で行う際には刺激の強過ぎるものは様子を見ながら試してみて下さい。