タグ別アーカイブ: ニキビ跡

ニキビ跡を消すのに美白化粧品は有効?

ニキビで困るのは炎症して膿を持ち痛い事はもちろんですが、顔にできるパターンが多いので見た目にマイナスイメージに働くのが最大のデメリットとも言えるでしょう。

 

しかも、ニキビが酷くなってしまった場合には、症状が引いてもその跡が残ってしまうケースも多いです。

 

学生時代にポツポツよく出て来ていた思春期のニキビも、治ったあとが赤みを持ってしまったりした時もありました。

 

でも、大人ニキビの場合だと、赤みがいつまでも消えないだけでなく、でこぼこのクレーターのような痕になったり、色素沈着してしまう事もしばしばです。

 

以前にも書きましたが、にきびそのものは皮膚科に行けば、健康保険での治療がききます。

 

ところがにきびが治ったあとに残ってしまった跡は病気の症状とは見なしてもらえません。

 

ずっと赤いままだろうが、黒っぽい色素沈着だろうが、単なる「シミ」扱い。

 

どうしても皮膚科で消したいという事であれば、レーザー治療を自由診療で受けるしか方法はありません。

 

おそらく一般的にニキビ跡を消すのに、毎回何万円も費用をかけられる方は少ないでしょう。

 

となれば、やはり頼るべきは化粧品と言うことになります。

 

大人ニキビの跡がなかなか消えないのは、思春期の頃に比べると明らかにターンオーバーのサイクルが長くなっているのも要因の一つです。

 

まずは、新しい皮膚細胞をどんどん生み出していく手助けをしてくれるタイプの化粧品を選ぶようにしてみましょう。

 

つぎに、色素沈着してシミになっているニキビ跡の場合なら美白用のコスメも有効です。

 

ニキビの炎症と言う刺激に対して、肌細胞の防御システムがメラニンを増やしてしまったのがシミの原因。

 

ですからメラニンを排出させる効果の高い美容液や、ビタミンC配合の化粧水などを使うのもオススメです。

 

できてしまったニキビを治す事よりも、跡を消す方が何倍も大変です。

 

万が一できてしまっても、大きく膿んでしまわないように早い段階で治せるように気をつけましょう。

参考サイト:大人ニキビ治し方

 

ニキビ跡を色素沈着させないためには?

ニキビ跡はじつはニキビよりも厄介な代物なのです。

ニキビが出来て炎症を起こしていると、肌細胞は一生懸命その部分を修復しようと作用します。

 
怪我が治るのと同じようなイメージですね。

ところがそのあといつになっても赤みが引かなかったり、黒ずんでしまうのは、もうニキビそのものが治ってしまったからに他なりません。

 

傷もなければ炎症も起こしていない皮膚はダメージがないのですから、細胞レベルで必要以上に再生しようという働きをすることはないのです。

 
となると、ターンオーバーのサイクルにまかせて自然に新しい皮膚に入れ替わるのを待つしか道はありません。

 

ところが、お肌の方ではその部分に攻撃を受けた事を学習しているので、外部刺激から保護する目的でメラニンを増やしてしまいます。

 

ニキビによる色素沈着とは、こんな繰り返しから痕が消えずに留まってしまい黒ずみや紫色のシミなどができるのです。

 

一旦細胞に刷り込まれてしまった情報が書き変わらない限りこのシミを取るのはかなりな困難を要します。

 
毎晩のお手入れに美白美容液を追加して治療する事が真っ先に思い浮かべる方法でしょう。

しかしながら症状によって効果の有無があり、一概に修復可能とは言いきれないのが実情です。

 
もしもあなたのニキビ跡のシミの色が茶色であれば、原因はメラニン色素なので美容液でのスキンケアでも効果が出やすいでしょう。
ところがシミの色が黒色や紫色の場合、原因はヘモグロビンです。

 
痣の一種のような性格と考えても言いかもしれませんね。

 
この場合は、美白化粧品では役に立ちませんので、レーザーやピーリングで治療するのが効果的です。

 
また、完治には時間がかかる傾向もあるので根気強く治療を続ける気持ちも必要になってきます。
さらに問題なのはその費用です。

にきびは尋常性ざ瘡という皮膚病の一種です。

 
吹き出物も大人ニキビそのものも皮膚科にかかれば保険での治療を行ってもらえますが、ニキビ跡は自由診療扱いになってしまいます。

なぜなら痕の方は痛みが伴ったり腫れや炎症を持つ性格の症状ではありません。

たんなる見た目の問題なので病気として認めてもらえないと言うわけです。

レーザー治療などは概して高額で、複数回の施術をうけるパターンがほとんどです。

 
その上レーザーやピーリングでも必ず治るという保証は、残念ながらありません。

 

ニキビ跡を色素沈着させないようにするには、まず始めにニキビを拗らせない事が肝心です。

炎症を起こしてしまった場合は早めに皮膚科に行って芯や膿を出してもらい、塗り薬の処方を受ける方が賢明と考えましょう。