タグ別アーカイブ: 皮膚科

ニキビ跡を消すのに美白化粧品は有効?

ニキビで困るのは炎症して膿を持ち痛い事はもちろんですが、顔にできるパターンが多いので見た目にマイナスイメージに働くのが最大のデメリットとも言えるでしょう。

 

しかも、ニキビが酷くなってしまった場合には、症状が引いてもその跡が残ってしまうケースも多いです。

 

学生時代にポツポツよく出て来ていた思春期のニキビも、治ったあとが赤みを持ってしまったりした時もありました。

 

でも、大人ニキビの場合だと、赤みがいつまでも消えないだけでなく、でこぼこのクレーターのような痕になったり、色素沈着してしまう事もしばしばです。

 

以前にも書きましたが、にきびそのものは皮膚科に行けば、健康保険での治療がききます。

 

ところがにきびが治ったあとに残ってしまった跡は病気の症状とは見なしてもらえません。

 

ずっと赤いままだろうが、黒っぽい色素沈着だろうが、単なる「シミ」扱い。

 

どうしても皮膚科で消したいという事であれば、レーザー治療を自由診療で受けるしか方法はありません。

 

おそらく一般的にニキビ跡を消すのに、毎回何万円も費用をかけられる方は少ないでしょう。

 

となれば、やはり頼るべきは化粧品と言うことになります。

 

大人ニキビの跡がなかなか消えないのは、思春期の頃に比べると明らかにターンオーバーのサイクルが長くなっているのも要因の一つです。

 

まずは、新しい皮膚細胞をどんどん生み出していく手助けをしてくれるタイプの化粧品を選ぶようにしてみましょう。

 

つぎに、色素沈着してシミになっているニキビ跡の場合なら美白用のコスメも有効です。

 

ニキビの炎症と言う刺激に対して、肌細胞の防御システムがメラニンを増やしてしまったのがシミの原因。

 

ですからメラニンを排出させる効果の高い美容液や、ビタミンC配合の化粧水などを使うのもオススメです。

 

できてしまったニキビを治す事よりも、跡を消す方が何倍も大変です。

 

万が一できてしまっても、大きく膿んでしまわないように早い段階で治せるように気をつけましょう。

参考サイト:大人ニキビ治し方

 

大人ニキビは皮膚科で治るとは限らない?

大人ニキビがあまりに治らない場合、出来てしまっているニキビに対して、直接アプローチしても効果が得にくい事はありがちです。

洗顔や化粧水などのスキンケアではどうにも改善が見込めないとなると、次なる手段は病院に行くことですよね?
ここで、通常であれば皮膚科での診療を受けるのが一般的。

お医者さんがあなたのニキビの症状によって保険が適用される範囲での抗生剤やホルモン剤、ビタミン剤、漢方薬、抗炎症クリームなどを処方してくれるでしょう。

 
また診断によっては、今後の治療計画を立ててくれたり、場合によってはいくつかの処置を組み合わせるなど、患者さんの程度に合わせて長期的な提案もあるかもしれません。

 
大人ニキビでも症状が軽度であれば、ビタミン剤や漢方、ビタミンB群の飲み薬と塗り薬の処方がふつうです。

もし、面皰が突出していたり、炎症で膿がたまっているようならば圧出して取り除く、といった処置もよく行われています。

 

おできのように化膿してしこりを伴う重症な大人ニキビの場合は、切開して抗生剤を処方するケースも。

こうなるとニキビと言えども侮れませんね。

また、そのようなにきび治療が効果を奏さないようであれば、ホルモンバランスに問題がある人もいるようです。

男性ホルモンや男性ホルモンに似た働きをするタイプの種類の分泌が過剰になり過ぎていると言う場合も大人ニキビはいつになっても治りません。

自分がこのタイプかも?と勝手に決めつけるのはおすすめしませんが、行きつけの婦人科などがあるようでしたら相談してみるのも一つの手です。

 

結局のところ、大人ニキビはカラダの不調が肌荒れを引き起こして形成されてしまうパターンがほとんどです。

 

塗り薬や飲み薬に頼るよりも、規則正しい食生活と質の良い睡眠を心がける方が、美肌への近道になりますよ。